忘却力をつける|人間の思考について

忘却力をつける|人間の思考について

人間は1日に6万回思考する

人間は1日に6万回思考すると言われています。ということは、睡眠時間を除いて、ほぼ毎秒何かしら考えながら生きていることになります。

6万回の思考のうち、ほとんどが「今日のお昼は何を食べようか」「お風呂に先に入るか、晩御飯を先に食べるか、どっちにするか」「明日はどの服を着ていこうか」といったものです。人間は無意識にいつもこういった他愛のないことを考えている

1日6万回の思考パターン内容

・約80%がネガティブなもの。ほとんどの人は、1日4万5千回、後ろ向きの考えにとらわれている、ということです。

・95%が昨日とほとんど同じ思考

・何かに対する不安や心配や恐れなどの思考でネガティブになる為の種まきをせっせと行なっている。

<ネガティブ思考代表例>
・嫌われてるに違いない

・いつも失敗している

・理解してもらえない

・恥ずかしい、笑われるかも、バカにされるかもなど

ネガティブな記憶ほど『長期記憶』されやすい

・短期記憶は約20秒で消える

・長期記憶はずっと頭にのこる

<長期記憶化される理由>

よく何か失敗をして、心無い人に笑われたり、誰かに怒られたりしてそこで嫌なキモチになったり、恥ずかしい感情を抱いたりして、トラウマ的な感じになってしまうから

実はネガティブな記憶ばかり思い出すのは、「普通」

人間は原始時代、常に死の危険にさらされていたので、外敵から身を守るためネガティブな情報を察知する能力が必要でした。

「ネガティブな原始人」は、物音一つしただけで、「もしかしてマンモスや猛獣が近づいてきてるのでは?」と常に最大限の危機を考え、いつでも逃げたり、臨戦体勢に入ることができるからです。

逆に「ポジティブな原始人」は、「なんか足音が聞こえる…。そういえば前に、なんかウサギさんが歩いてて、それを捕まえたらすっごくおいしかったなぁ…。」と考え、その場に止まるはず。

まとめると、「ネガティブな原始人ほど生き残りやすく、ひいては子孫を残しやすい。」それの繰り返しが起こってきたがゆえに、「現代人は、すべて「ネガティブな原始人」の子孫だと言えます。

どうすればネガティブを打開できる?

それは、「忘却力」を鍛えることが必要になります。

現代では、情報はすぐ検索等で入手できます。膨大な情報量を得ることは簡単なので、忘却力を鍛えて情報を不要必要と区別するのと、ネガティブな考えもすぐ忘れるようにしていけばよい。

忘却力を鍛えるにはメモを取る

メモを書くと余計忘れられないのでは?と思う方もいるでしょう。

実は違って、メモを書くことにより、もう、頭から除外しても良い、という状態に持っていくためのものです。

実際に自分も嫌なこと、ネガティブなことを書くことにより、以前より引きずることがなくなりました。

さらに、後から見返して、解決策を考えたり、良きアイデアを生む材料ともなります

脳の負担を減らす

メモすると忘れてもよくなるので、脳の負担が減ります。アイデアを出すためには、脳を空にしてあげることが必要なのです。すると新しいアイデアが出やすくなります。

皆さんもまずは忘却力を鍛えていきましょう!

おまけ:最優先すべき思考のテーマ

忘却力を鍛えて、脳を整理したら考えないといけない事は、「自分は何のために生きているのか」「そのためにどういうことをするべきなのか」「今の自分にできることは何なのか」といった自分自身の生き方やあり方についてなのです。

自分の生き方・あり方を絶えず問い続けて、そのために何をすべきなのかを考えることが、人生で最も大事なテーマのはずです。

誰にとっても、それが最優先すべき思考のテーマです。

それを考えていれば、仕事上のアイデアや改善策、日々の行動についても自然と答えは導き出されます。人生の大テーマを考えることなく、新商品のアイデアや業務遂行の改善策を考えても、上っ面のものしか出てきませんし、「ああでもない、こうでもない」といった思考の堂々巡りを繰り返すだけです。

限られた人生本当に必要なことだけ考え、充実した人生をおくりましょう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です