ギャンブル脳をビジネスに活かす③|考え方・心理

ギャンブル脳をビジネスに活かす (2)

さて、前回の記事でギャンブル脳を活かしてビジネスをするということで、オンラインカジノやチャット風俗サービスを考えました。

https://log-5.com/%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96/%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9%E3%83%BB%E5%BF%83%E7%90%86/%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E8%84%B3%E3%82%92%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%AB%E6%B4%BB%E3%81%8B%E3%81%99%E2%91%A1%EF%BD%9C%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9%E3%83%BB%E5%BF%83/

ただ、これはあくまでお金儲けが中心で、私利私欲を満たそうとだけすると絶対に続かないのかなと思いました。(娯楽としての枠を超えない範囲で楽しませられればOK)

以前ZOZOタウンの前澤さんがツイッターで下記のような発言をしていました。

 

お金目的になると稼げない(幸せになれない)

幸せというのはお金に困らないということもあるかと思いますが、自分のした事が多くの人を幸せにする事ができれば、自分も幸せになるし、お金も付いてくると思います。

今後について

ギャンブル依存症を始め、麻薬、アルコール、恋愛などこの世界は色々依存症に悩んでいる人が多いです。

以前からの記事でお伝えしている通り、依存症というのは自分でコントロールしにくい状態です。

依存症を改善(ほどほどに抑制してくれる)できるような何かを開発することができれば、誰かの為になり、それがまた良い国、良い世界を作れるのではと考え行動する事にしました。

考えられるサービス

まだ大枠でしかないですが、下記の様なものが開発することができたらと思います。

脳内の状況を監視、分析、アドバイスをしてくれる

自分の人生の時間を可視化し、間違った方向に進みそうな時や改善が必要なときに通知をしてくれる

 

まとめ

自分の貴重な時間を誰かの為に費やす

それが多くの人の貴重な時間をつくり、道を正してあげる

無駄なことをやめて、本来の人々が目指す方向へ

いい国・世界になる

結果自分も幸せになれる

壮大なミッションですが、このサイト内で進行具合を報告していければと思います。

途中で折れない為にも応援お願いします。ツイッターフォローコメントいただけると励みになりますので、お待ちしております。

ノマド憧れマンのツイッター







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です