仮想通貨|結局仮想通貨ってどうなの?

仮想通貨|結局仮想通貨ってどうなの?

昨日衝撃的なニュースが発表されましたね。

仮想通貨交換業協会、2副会長が辞任=金融庁による業務改善命令受け

業界最大手の『bitflyer』の加納さんの協会の辞任。

ちょうど一年前から仮想通貨にハマり始めた自分からすると、FXはビットフライヤー で必ず使用してましたし、もちろんツイッターで加納さんをフォローして、業界の中心人物と思ってましたので、今回のニュースはかなり衝撃を受けました。

2018年1月をピークに仮想通貨業界はなんかネガティブ

今でこそ落ち着いてきましたが、今年の一月は何と言っても、

コインチェックの「NEM流出事件」

これをきっかけに一気にネガティブモードに、、

仮想通貨の投資について

いかなる投資にでもいえることですが、仮想通貨に対しても長期的な目線で投資する必要があります。短期的な価格の変動に振り回されれば、間違った投資をしたのではないかと心配して夜も眠れなくなります。これによりパニックに陥って購入価格より安く売却する可能性が高まります。

理想的には、価格が回復するまでホールドしてさらに値をあげるまで待つことが大切です。仮想通貨への投資で本当に利益を得たいのであれば1年、5年、いや10年かかる覚悟で投資を検討しましょう。

忘れてはいけないブロックチェーン技術の今後

仮想通貨の基礎となるブロックチェーン技術はあらゆる場面で活用される可能性があります。例えば、サプライチェーンマネジメントから透明性の高い生産ライン、さらには公平な投票システムに至るまで、ブロックチェーンは私たちの世界に大きな変革を起こす可能性を秘めています。つまり仮想通貨に投資することは、将来の世代に役立つ革新的なテクノロジの発展をサポートすることになるのです。

周りに惑わされない

冷静に考えてください。今日本円を海外に送金しようとすると多額の手数料が発生したり、銀行から引き出そうとしても手数料が発生します。
銀行を間にいれないとお金が送れない世界より、個人間で送れるようになった方がいいし、それにかかる手数料も距離に関係なく低額に抑えられるのであれば、その方がよくありませんか?

新しいもの、新しい技術は最初非難されがちです。
今でこそ、みんなが持っている携帯電話(スマホ)も発売当初はこんなにも普及するとはあまり考えられなかったと思います。

きっとデジタル通貨に関しても、あと数年後には、おばあちゃん世代もバンバン使うような時代がくると思います。

早い段階で仮想通貨に触れておこう

後から波に乗るより、早い段階で仮想通貨に触れていた方が優位です。

ただ、現段階だと取引所間でも良い悪いがあります(手数料が高いなど)

ノマド憧れマンが色々と試してみたとこ所、現段階では下記がおすすめです。

国外取引所:Binance
良い所:取り扱い通貨の種類が豊富

国内取引上:Zaif
良い所:手数料がマイナス 0.01%

 

また、仮想通貨を使って買い物ができるお店も徐々に増えてきました。

特に海外で使えるのは嬉しいですよね!Fiat(法定紙幣)に変えなくてもいいので。

自分で仮想通貨対応のネットショップ開業も簡単に

下記は、最初からNEM決済対応可能なネットショップのパッケージ販売です。
簡単に仮想通貨対応ネットショップが開業できます。

↓↓                     ↓↓

 

 

色々と話題にはなっていますが、数年後には仮想通貨での買い物が当たり前の世界になっていると思います。

皆さんも先行投資のつもりでどんどん参入していきましょう^^







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です